これまでに手がけた仕事

EIAI_H.indd

秋の京都2018[雑誌・ムック]

2018年9月10日
朝日新聞出版刊
128頁(オールカラー)
定価900円+税

美しい写真とともに、京都の紅葉の名所をたっぷりと紹介する秋の定番ガイドブック。今年度は紅葉ガイドをボリュームアップし、大人気のスポットから穴場まで網羅するほか、ライトアップ情報を詳しく掲載しています。また、京都に来たらはずせない紅葉を眺めながらのグルメや秋限定の京都みやげなどもふんだんに取り上げています。アリカでは、神社仏閣情報の執筆を担当しました。
omamorimeguri

京都お守りめぐり[書籍]

2018年9月2日 神宮館刊
96頁(カラー) 定価1,400円+税
ISBN978-4-86076-482-1

京都にある89の社寺、317のお守りを紹介するガイドブック。縁結びや厄除け、開運などから、旅行やビジネス、勝負など珍しいものまで、ご利益別にお守りを掲載しています。キュートなものやカード型やチャーム型などデザインも多彩。こんなお守りもあるのか!と驚くユニークなものも。京都の社寺を参拝するときのお供にしたい保存版となる一冊です。アリカは編集・取材・執筆を担当。
chekipon09

Cheki pon 9月号 vol.139[フリーペーパー]

2018年8月31日 月刊フリーマガジン/株式会社チェキポン

アリカでは記事制作の一部を担当しています。
米国と日本の天皇制

米国と日本の天皇制 1943-1946[書籍]

2018年8月30日 晃洋書房刊 藤田宏郎著
386頁(モノクロカラー) 定価5500円+税
ISBN978-4-7710-3064-0

甲南大学名誉教授・藤田宏郎先生が、戦後日本の象徴天皇制を詳細に検討した書。米国が戦時中、対日戦後計画の中で最大の難問といえる天皇問題について本格的に検討を開始した1943年から、日本の天皇制存置を決定した1946年までを、英国国立公文書館で入手された外交文書などの一次史料をふんだんに用いて分析・検討されています。今や当たり前のようになっている「象徴天皇制」がいかに形作られたのかを知り得る、骨太な本書。昭和の終わりから約30年にわたった研究の集大成だそうです。アリカは編集・校正に参加しました。
KP1809web

K PRESS 9月号[フリーペーパー]

2018年8月27日 月刊沿線情報誌/株式会社京阪エージェンシー発行

特集は「芸術の秋は街に残るアート レトロ建築で 撮る・食べる・買う」。訪れる人をタイムスリップさせてくれる、明治時代から昭和にかけて建てられたレトロ建築。建築美を写真に収めたり、グルメやショッピングが楽しめる洋館&レトロビルを紹介しています。アリカでは、特集のほか、「名品型録」「極旨MENU」「京阪沿線の名橋を渡る」「e-kenet PiTaPaで行こう」などを担当。
鈴木聖奈

鈴木聖奈のはんなりニッポンAtoZ[ウェブサイト]

2018年8月
https://www.instagram.com/hannarijapanatoz/

テレビや舞台を中心に活躍する女優・鈴木聖奈さんが、Instagramを使って、いにしえから続くはんなりSWEETなニッポンをナビゲート。その第1回目に取り上げたのが、京都。東山や祇園、嵐山などを巡り、美しい写真とともに古都の魅力を紹介しています。アリカでは、京都ロケのコーディネートとアテンドを担当しました。
DJ1809

Discover Japan 2018年9月号[雑誌・ムック]

2018年8月6日
株式会社エイ出版社刊
208頁(オールカラー)
定価907円+税

日本の魅力を多角的に発信する月刊誌。特集「縄文人はどう生きたか。」では、東京国立博物館で開催中の「縄文—1万年の美の鼓動」を手がかりに個性豊かな縄文美術や人々の暮らしに迫っています。アリカは縄文時代から1万年後の京都にて受け継がれる職人技を探る取材に参加。「世界の富裕層が憧れる仏壇アート」の取材執筆を担当しました。東本願寺の大修復事業も担う京仏具の老舗、小堀の技に今、ベトナムや中国などのセレブが注目!彼らが魅了されるのは、繊細な技の積み重ねで生まれる金の輝きなのだそうです。
プリント

京都大好きトーク! 第47回[広報・PR]

2018年8月4日 京都新聞 朝刊

門川大作京都市長が各界で活躍する方を迎え、京都の魅力や未来について語り合う座談会記事。第47回のゲストは宗教学者で国際日本文化研究センター名誉教授の山折哲雄さんと、聖護院門跡門主の宮城泰年さん。自然崇拝と祖先信仰が結びつき神仏習合が根付いていた社会から、明治維新を機に激変した宗教観、今振り返るべき平安の世から受け継ぐバランスのとれた権威構造、そして京都が伝えるべき「日本のこころ」まで……京都のまちのあり方を巡り、深い議論が交わされました。アリカは座談会の進行と記事執筆を担当しました。
chekipon08

Cheki pon 8月号 vol.138[フリーペーパー]

2018年7月27日 月刊フリーマガジン/株式会社チェキポン

アリカでは記事制作の一部を担当しています。
KP1808web

K PRESS 8月号[フリーペーパー]

2018年7月25日 月刊沿線情報誌/株式会社京阪エージェンシー発行

特集は「夏に食べたいカレーはこれだ! 個性派 SPICE CURRY」。新店も続々と登場し、根強い人気を誇るスパイスカレー。カレー激戦区・北浜〜天満橋の名店や沿線にある話題のお店の絶品カレーを紹介しています。アリカでは、第2特集「ぼくとパパ、ふたりだけの夏休み 親子で夏の比叡山へ」「名品型録」「極旨MENU」「e-kenet PiTaPaで行こう」などを担当。
ページトップへ