これまでに手がけた仕事

西Navi2021年1月号

西Navi 1月号[フリーペーパー]

2020年12月25日 月刊/JR西日本
JRグループと京都市&京都市観光協会のタイアップによるキャンペーン「京の冬の旅」。55回目となる今回は「京の名宝 美の遺産」と題し、貴重な文化財の数々が公開されます。そのキャンペーンポスターに登場している茶碗師の樂吉左衞門さんに、京都の冬の魅力についてお聞きしました。寺院の屋根や庭園が雪化粧する光景がお気に入りだという樂さん。京都の随所にちりばめられている「一期一会」の美は茶碗づくりにも通じていると語っていただきました。アリカは取材、執筆を担当しました。
KP2101web

K PRESS 1月号[フリーペーパー]

2020年12月25日 月刊沿線情報誌/株式会社京阪エージェンシー発行
特集は「炊き上がりが待ち遠しい ほかほか釜飯」。海の幸や山の幸など季節の食材の旨味がぎゅっと詰まった釜飯を紹介しています。アリカでは、「わが町自慢京阪あの駅散策マップ」「名品型録」「e-kenet PiTaPaで行こう」などを担当。
KP2012web

K PRESS12月号[フリーペーパー]

2020年11月25日 月刊沿線情報誌/株式会社京阪エージェンシー発行

特集は「アツアツ&トロトロがたまらない 魅惑のチーズ」。人気のチーズフォンデュやラクレットをはじめ、前菜・パスタ・リゾットなど寒い季節にぴったりなチーズ料理を紹介しています。第2特集は、京阪沿線のおしゃれな花屋さんでつくるクリスマスのフラワーアレンジを紹介した「花いっぱいのクリスマス フローリストの素敵なアレンジ」です。アリカでは特集のほか、「わが町自慢京阪あの駅散策マップ」「名品型録」「e-kenet PiTaPaで行こう」などを担当。
A4koyo2020web

紅葉パンフレット[フリーペーパー]

2020年11月2日/株式会社京阪エージェンシー発行

京阪電車沿線の紅葉スポットPRのために制作されたパンフレットで、Osaka Metroの各駅で配布。京都&滋賀の紅葉名所が満載のこのパンフレット。今年の秋は、心に残る紅葉を探しに出かけてみるのはいかがでしょうか。ちなみに着物姿のおけいはんがかわいい表紙は、明智光秀ゆかりの寺として注目が集まる滋賀・西教寺で撮影されたのだそう。
SIGNATURE2012

SIGNATURE 2020年12月号[雑誌・ムック]

2020年11月1日
三井住友トラストクラブ株式会社刊
90頁(オールカラー)

クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京都肉三昧」を担当しました。 京都は全国でも有数の肉の消費量を誇る“肉好き”の街。毎号、京都人に愛されてきた肉の名店と看板メニューを取材し、それらを通して、京都に根付く肉文化に触れる連載企画です。 連載第10回に取り上げたのは、高瀬川沿いに佇む、1788年(天明8年)創業の「鳥彌三」。坂本龍馬も訪れたという水炊きの老舗だ。三日三晩かけてとる鶏ガラの白濁スープは濃厚ながら後口は驚くほどすっと切れる。まずはスープのみ、次にスープにうずら卵を加えて。具材はその後にいただくのが流儀。秋以降は鶏がよりおいしくなるという。京都人に愛されてきた滋味をご堪能あれ。
Living1031_OL

京都の未来を語ろう大作戦! 第3回[広報・PR]

2020年10月31日 リビング京都・シティリビング11月27日

https://www2.city.kyoto.lg.jp/koho/daisakusen/03.html

各界で活躍する方々と京都の未来について門川大作京都市長が語る座談会シリーズ、第3回のテーマは「『食品ロス』をなくすために、私たちが今できること」。ゲストは酢をはじめとする多彩な食品を扱うMizkan Holdings専務取締役・中埜裕子さんと、1日100食限定が話題の「佰食屋」を運営するminitts 代表取締役・中村朱美さんです。コロナ禍の中も食の楽しみと価値を高め、素材を余すところなく使いフードロス削減に真摯に取り組むお話に、「野菜のヘタも極力使い切ろう!」と誓う担当者でした。アリカは座談会の進行と記事執筆を担当。
KP2011web

K PRESS11月号[フリーペーパー]

2020年10月25日 月刊沿線情報誌/株式会社京阪エージェンシー発行

特集は「色鮮やかな風景に心が躍る 紅葉めぐり」。赤や黄色に色付いた木々の葉が多彩な表情を見せる京都・滋賀の紅葉スポットを4ページで紹介しています。ベトナム、タイ、マレーシアなど京阪沿線で味わえる異国情緒あふれる料理を掲載した「今日は何だかエスニック気分!」が第2特集です。アリカでは、特集のほか、「わが町自慢京阪あの駅散策マップ」「名品型録」「e-kenet PiTaPaで行こう」などを担当。
okukyoto

奥京都MaaS[ウェブサイト]

2020年10月 スマートフォン用観光Webサイト

京阪ホールディングス・京都市・京都市観光協会・JR東日本

大原・八瀬、鞍馬・貴船など、京都の洛北エリアを訪れる際に便利なスマートフォン用観光Webサイト。エリア内の周遊モデルコースを提案し、叡山電車・京都バスが24時間もしくは36時間乗降可能な乗車券と飲食チケットを販売するウェブ型MaaS(マース、Mobility as a Service)の実証実験(2020年10月26日から2021年1月31日まで)です。 アリカは、掲載飲食店に関する記事の編集・執筆に参加しました。
ことことなび20年10月

ことことなび[ウェブサイト]

2020年10月 スマーフォン用アプリ 大津市・京阪ホールディングス・京阪バス・日本ユニシス

比叡山やびわ湖を訪れる際に便利なスマートフォン用観光アプリが、2019年秋に続き再び登場。電車やバスの周遊チケット購入や目的地までのルート検索機能に加え、観光スポットやグルメ情報、お得なクーポンなどが集約されています。スムーズで快適な交通手段を提供するシステムや概念として注目されている、MaaS(マース、Mobility as a Service)の実証実験です(2020年10月16日〜12月6日公開)。アリカは掲載依頼の一部を担当しました。
Yomiuri NP_OL

京都の未来を語ろう大作戦! 第2回[広報・PR]

2020年10月10日 読売新聞大阪本社版 朝刊

https://www2.city.kyoto.lg.jp/koho/daisakusen/02.html

 

京都の未来について、門川大作京都市長と各界で活躍する方々が語り合う座談会シリーズ。第2回は、「日本の伝統産業を未来につなぐためにー京都の若き担い手と考える。『文化を継ぐ』ということ」と題して、西陣坐佐織の代表取締役・佐竹美都子さんと大西常商店の若女将・大西里枝さんをゲストに迎えました。それぞれ西陣織、京扇子の老舗に生まれ、ともに一度は外の世界を見たのち跡を継ぐ決意を固めたお二人。伝統の世界に新しい風を巻き起こすパワフルでポジティブな思考に、大いに刺激を受けた取材でした。アリカは座談会の進行と記事執筆を担当。
ページトップへ