これまでに手がけた仕事

琵琶湖汽船ポスター2103

琵琶湖汽船ポスター[広報・PR]

2021年3月 琵琶湖汽船
琵琶湖の観光船を運航する、琵琶湖汽船さんのPRポスターを作成しました。音楽やパフォーマンス、グルメを楽しみながら南湖を周遊する外輪船ミシガンと、湖に浮かぶパワースポット・竹生島をメインビジュアルにした2パターンです(写真はミシガンバージョン)。アリカは編集とデザインを担当。
DJ202110

Discover Japan 2021年10月号[雑誌・ムック]

2021年9月6日 株式会社ディスカバー・ジャパン刊 128頁(オールカラー) 定価1100円+税
〝秘密の京都〞をテーマに、洛中(市街地)のめぐり方に加え、今年伝教大師最澄1200年大遠忌が行われる比叡山延暦寺・鳥獣戯画を所蔵する高山寺の特別公開、嵐山・嵯峨野の絶景、ドライブで楽しむ海の京都など。定番から一歩踏み込んだ京都特集です。また、個々人の趣味嗜好を満たす旅として日本遺産(島根・出雲)、島ワーケーション(香川・男木島)、世界遺産(鹿児島・徳之島)、ドライブ旅(長崎・大村)、聖徳太子(奈良・明日香村)、音楽×温泉(神奈川・箱根)、ワインツーリズム(北海道・余市町)の7つのテーマで提案。次の旅の目的地がきっと見つかる一冊です。アリカは、鳥獣戯画と高山寺、男木島でのワーケーション滞在の取材・執筆を担当しました。
KP2109web

K PRESS 9月号[フリーペーパー]

2021年8月25日 月刊沿線情報誌/株式会社京阪エージェンシー発行
第1特集は「自転車だからグルッとまわれる のんびり爽快♪ ポタリング」。自転車に乗って街中や郊外を気軽に散策する“ポタリング”。石清水八幡宮駅を起点に、素敵なカフェやビューポイントなど、レンタサイクルで楽しめるモデルコースを紹介しています。アリカでは特集のほか、「わが町自慢京阪あの駅散策マップ」「名品型録」「e-kenet PiTaPaで行こう」などを担当。
AK21_web

秋の京都 2021[雑誌・ムック]

2021年8月16日 朝日新聞出版刊 128頁(オールカラー) 定価880円+税
美しい写真とともに、定番スポットから穴場まで、京都の紅葉の名所をたっぷりと紹介する秋の定番ガイドブック。今年は、知る人ぞ知る紅葉スペシャル。写真家・水野秀比古さんをはじめ、“映え”写真で人気のインスタグラマーや、観光のプロ・京都市観光協会のスタッフなど、地元の達人が紅葉絶景やライトアップ情報を紹介しています。12のエリア別に紅葉スポット&立ち寄りスポットを掲載。他にも、御朱印カタログ、ホテルや美術展などの最新ニュース、鉄板グルメやカフェ、秋スイーツ、お土産と情報満載の一冊です。取り外せる散策マップと無料電子版付き。
T52_kyoto 01

TRANSIT 52号 小さな京都の物語を旅して[雑誌・ムック]

2021年6月21日 有限会社euphoria factory刊 216頁(カラー) 税込1980円
トラベルカルチャー季刊誌『TRANSIT』の52号では、京都を大特集。京都・太秦出身の吉岡里帆さんをはじめ、写真家・津田直さん、本家尾張屋当主・稲岡亜里子さんなどが、それぞれの目線で京都の魅力を語ります。アリカでは特集企画「京都郊外学習」の神社仏閣、自然、歴史の執筆などを担当しました。
SIGNATURE210809

SIGNATURE 2021年8&9月号[雑誌・ムック]

2021年7月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の名水 古都の味」を担当しました。 無形文化遺産にも指定された「京の食文化」を支えてきたものの一つが、街のいたるところから湧く良質な“水”。毎号、京都の地下水を使用する店舗、そこで作られる料理・食品を取材し、京都の食文化にとって欠かせない“水”に触れる連載企画です。連載第7回で取り上げたのは、550余年の歴史を誇る老舗『本家尾張屋本店』の名物「宝来そば」。同店では、地下約50メートルまで掘った井戸から汲み上げた比叡山水系の地下水が、味の要となる様々な工程で用いられている。
KP2108web

K PRESS 8月号[フリーペーパー]

2021年7月26日 月刊沿線情報誌/株式会社京阪エージェンシー発行
第1特集は「定番ご飯から最新スイーツまで♪ 話題の台湾グルメ」。ここ数年、ご当地の定番メニューが続々と注目を集める台湾グルメ。ガッツリ系のご飯ものから、麺類、朝食、軽食、スイーツまで、京阪沿線で楽しめる台湾グルメを紹介しています。 アリカでは、特集のほか、「わが町自慢京阪あの駅散策マップ」「名品型録」「e-kenet PiTaPaで行こう」などを担当。
KP2107

K PRESS 7月号[フリーペーパー]

2021年6月25日 月刊沿線情報誌/株式会社京阪エージェンシー発行
第1特集は「夏のスタミナアップに! やっぱり餃子が好きすぎる。」。定番の焼き餃子からアレンジ餃子まで、バラエティー豊かな餃子を紹介しています。第2特集は「爽やかな夏の1日を 水と緑の涼感スポットへ」。水と緑をテーマに、おすすめの“涼”スポットを紹介しています。 アリカでは、第2特集のほか、「わが町自慢京阪あの駅散策マップ」「名品型録」「e-kenet PiTaPaで行こう」などを担当。
SIGNATURE2107

SIGNATURE 2021年7月号[雑誌・ムック]

2021年6月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の名水 古都の味」を担当しました。 無形文化遺産にも指定された「京の食文化」を支えてきたものの一つが、街のいたるところから湧く良質な“水”。毎号、京都の地下水を使用する店舗、そこで作られる料理・食品を取材し、京都の食文化にとって欠かせない“水”に触れる連載企画です。連載第6回で取り上げたのは、クラフトジン。ジンはアルコールと香味成分以外、約5割前後を水が占める。『京都蒸溜所』が造る「季の美」には、豊かな伏流水で知られる伏見の老舗酒蔵『増田德兵衞商店』が地下から汲み上げる仕込水が用いられている。
signature2106

SIGNATURE 2021年6月号[雑誌・ムック]

2021年5月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の名水 古都の味」を担当しました。 無形文化遺産にも指定された「京の食文化」を支えてきたものの一つが、街のいたるところから湧く良質な“水”。毎号、京都の地下水を使用する店舗、そこで作られる料理・食品を取材し、京都の食文化にとって欠かせない“水”に触れる連載企画です。連載第5回で取り上げたのは、和菓子店『亀屋良長』の代表銘菓「烏羽玉」。「小豆や米粉、砂糖と同じように、水はお菓子の材料の一つなんです」と八代目当主の吉村良和さんは語る。
ページトップへ