これまでに手がけた仕事

KP2206web

K PRESS 6月号[フリーペーパー]

2022年5月25日 月刊沿線情報誌/株式会社京阪エージェンシー発行
第1特集は「おいしく、優しく、ヘルシーに 素敵にベジライフ」。サラダなど、野菜が主役の料理や新鮮野菜を販売するお店を紹介しています。アリカでは、第2特集「初夏を彩る 花しょうぶとあじさい」のほか、「あの町&あの駅 散策マップ」「名品型録」「Event Information」「#親子時間」「K BOX」などを担当。
SIGNATURE2205

SIGNATURE 2022年5月号[雑誌・ムック]

2022年4月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の朝食」を担当しました。老舗喫茶のモーニングから、料亭が供する朝膳まで、わざわざ足を運びたくなる朝食の数々を紹介し、京都の歴史と食文化に触れる連載企画です。連載第4回で取り上げたのは、『ロリマー京都』。2018年にニューヨークから和食のお膝元・京都に〝逆輸入〞オープンした一軒です。意外な素材の組み合わせと味の掛け算、鮮やかな色彩など、海外で培われた感覚から生み出される新たな「京の和食」がありました。
kyoto_interview04_NP_mini

京都のこれから発信局
  #4 京都芸大移転の意義 [広報・PR]

2022年3月30日 京都新聞 朝刊 https://www2.city.kyoto.lg.jp/koho/taidan2021/interview03.html
門川大作京都市長が各界で活躍する人々と語り合うシリーズ、2021年度第4回は「京都芸大移転の意義」がテーマで、メディアアーティストの落合陽一さんと現代美術家の宮永愛子さんがゲストに。お二人の軌跡を皮切りに、テクノロジーが社会を大きく変える時代にあって回帰と変容を見せるアート、京都駅東部へ移転する京都芸大はまちの「十字路」に……とお話が広がっていきました。宮永さんの「アートは生きる力につながる」というお言葉に、コロナ禍での実感もあってジーン。アリカは、座談会の進行と記事執筆を担当しました。
DJ2204

Discover Japan 2022年4月号[雑誌・ムック]

2022年3月6日 株式会社ディスカバー・ジャパン刊 136頁(オールカラー)定価1100円+税
「サウナ」「発酵」「美食」「温泉」の4つをテーマに掲げ、この時期ならではの身体や心をととのえる春旅を特集。アリカでは「“発酵”と“食”でととのう滋賀旅」の取材・執筆を担当。奈良の「くるみの木」オーナーである石村由起子さんが、湖のスコーレ、冨田酒造、湖里庵など、滋賀の未来を担う「発酵と食の匠」たちの元を訪ねました。
KP2205web

K PRESS 5月号[フリーペーパー]

2022年4月25日 月刊沿線情報誌/株式会社京阪エージェンシー発行
第1特集は「おでかけにもぴったり 手軽にパクッ! ワンハンドグルメ」。ホットドッグやサンドイッチなど、おでかけ先のちょっとした時間でも、気軽に食べられるワンハンドグルメを紹介しています。アリカでは、「青もみじの季節」「あの町&あの駅 散策マップ」「名品型録」「Event Information」「#親子時間」「K BOX」などを担当。
H1-4-B.indd

生涯学の創出 Newsletter vol.2[大学・学校]

2022年3月 学術変革領域研究(A)「生涯学」事務局 刊 A4判40頁(オールカラー)
「2020年度〜2024年度 学術変革領域研究(A) 生涯学の創出——超高齢社会における発達・加齢観の刷新」の広報誌。65歳以上が人口の30%近くに及ぶ超高齢化社会・日本において、全世代が豊かな人生を営むためには何が必要なのか。この喫緊の課題解決に向け創出された、新しい学際的研究領域「生涯学」の研究活動が紹介されます。心理学・社会学・文化人類学・教育学の各分野が連携し、人間の生涯が、従来の「成長から衰退へ」という一面的な見方から、社会との相互作用の中で多様な成長と変容を繰り返す生涯発達のプロセスへと捉え直されます。アリカは編集の一部・デザイン・印刷を担当しました。
SIGNATURE2204

SIGNATURE 2022年4月号[雑誌・ムック]

2022年3月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の朝食」を担当しました。老舗喫茶のモーニングから、料亭が供する朝膳まで、わざわざ足を運びたくなる朝食の数々を紹介し、京都の歴史と食文化に触れる連載企画です。連載第3回で取り上げたのは、“グルメホテル”『フォションホテル京都』の最上階、『レストラン グランカフェ フォション』。高級食料品店として人気を博してきたフォションならではの、パリと京都が融け合う朝食をご堪能あれ。
KP2204web

K PRESS 4月号[フリーペーパー]

2022年3月25日 月刊沿線情報誌/株式会社京阪エージェンシー発行
第1特集は「京阪沿線に、春が来た! とっておきの桜に会いに。」。京阪沿線の桜スポットを紹介しています。4月号から新連載コーナー「見たい、知りたい、感じたい! #親子時間」がスタートしました。楽しい思い出になるとっておきの親子時間が過ごせるスポットやイベントを紹介します。4月号は「大阪府民の森 ほしだ園地」です。アリカでは、「あの町&あの駅 散策マップ」「名品型録」「Event Information」「#親子時間」「K BOX」などを担当。
dinners2112

ダイナースクラブ 世界遺産 仁和寺ライトアップ特別貸切拝観 動画制作・写真撮影[広報・PR]

2021年12月17日 三井住友トラストクラブ株式会社
2021年11月20日に開催された、クレジットカード老舗・ダイナースクラブの会員向けイベントの動画制作・写真撮影を担当しました。世界遺産 仁和寺を特別に貸し切るダイナースクラブの秋の恒例イベント。美しく紅葉がライトアップされた境内の自由拝観や、通常立ち入り禁止の宸殿内での御室流華道のデモンストレーション見学、金堂での法話などが組み込まれたプランで、約900名の会員さまが参加されました。 ※動画はダイナースクラブのYouTubeチャンネル(https://youtu.be/cwFJsr2JMe4)などで公開されています。
SIGNATURE2203

SIGNATURE 2022年3月号[雑誌・ムック]

2022年2月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の朝食」を担当しました。老舗喫茶のモーニングから、料亭が供する朝膳まで、わざわざ足を運びたくなる朝食の数々を紹介し、京都の歴史と食文化に触れる連載企画です。連載第2回で取り上げたのは、料亭『和久傳』が2016年に開いた『丹』。京都らしい艶やかさと郊外の落ち着きが同居する早春の白川沿いで、ゆったりと楽しみたい朝食がありました。
ページトップへ