これまでに手がけた仕事

2022_7_resize

Discover Japan 2022年7月号[雑誌・ムック]

2022年6月6日 株式会社ディスカバー・ジャパン刊 144頁(オールカラー) 定価1100円(税込)
日本の多彩な魅力を再発見する月刊誌で、アリカは企画[うつわ作家にとって初窯にかける想いとは。――八田亨「くすのき窯」]の取材・執筆を担当。「土の強さがほとばしる」うつわがいま、海外でも人気が高まっている陶芸作家八田亨さんが、大阪・堺に新しく築いた穴窯の「火入れ式」をドキュメント。最も原初的なスタイルといわれる穴窯で、まさに自然と対峙しながら挑む真摯なうつわづくりに圧倒された取材でした。
AK2022

秋の京都 2022 [雑誌・ムック]

2022年8月12日 朝日新聞出版刊 128頁(オールカラー)  税込968円
美しい写真とともに、定番スポットから穴場まで、京都の紅葉の名所を紹介する秋の定番ガイドブック。今年は、「一生に一度は見たい!! 紅葉絶景の極み100」と題して、フォトジェニック・映り込み・名建築・花手水など、様々なテーマの紅葉絶景をたっぷりと紹介しています。12のエリア別に紅葉スポット&立ち寄りスポットを掲載。他にも、ホテルや美術展などの最新ニュース、絶品グルメやカフェ、スイーツ、お土産と情報満載の一冊です。取り外せる散策マップと無料電子版付き。
SIGNATURE220809

SIGNATURE 2022年8&9月号[雑誌・ムック]

2022年7月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の朝食」を担当しました。老舗喫茶のモーニングから、料亭が供する朝膳まで、わざわざ足を運びたくなる朝食の数々を紹介し、京都の歴史と食文化に触れる連載企画です。連載第7回で取り上げたのは、京都人が「学生時代、毎日食べていた」「毎朝、通勤途中に買っていく」と親しみを込めて語る『志津屋』の名物「カルネ」。老若男女に愛されてきた、まさに京都人のソウルフードです。
SIGNATURE2207

SIGNATURE 2022年7月号[雑誌・ムック]

2022年6月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の朝食」を担当しました。老舗喫茶のモーニングから、料亭が供する朝膳まで、わざわざ足を運びたくなる朝食の数々を紹介し、京都の歴史と食文化に触れる連載企画です。連載第6回で取り上げたのは、京懐石の老舗として名を馳せる『瓢亭 本店』で供される「朝がゆ」。祇園に遊ぶ旦那衆や政財界人も愛した、夏だけの朝餉です。
kyokana_2205

京都でかなえる家づくり 2022年度版[雑誌・ムック]

2022年5月31日 京都リビング新聞社刊 152頁(オールカラー)
京都で新築や建て替え、リフォームを考えている人のための住宅情報誌。京都で活躍する工務店や設計事務所など約50社を、施工事例とともに多彩な写真で紹介しています。また、新しいわが家をつくる際の参考になる「新築の先輩に聞く ここがわが家のお気に入り」や「毎日のモヤモヤがリフォームですっきり」といった編集記事も掲載。アリカは編集・取材・執筆を担当しました。
SIGNATURE2206

SIGNATURE 2022年6月号[雑誌・ムック]

2022年5月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の朝食」を担当しました。老舗喫茶のモーニングから、料亭が供する朝膳まで、わざわざ足を運びたくなる朝食の数々を紹介し、京都の歴史と食文化に触れる連載企画です。連載第5回で取り上げたのは、豊臣秀吉によって店が名づけられたという逸話が残る『祢ざめ家』の「いなり寿し」。油揚げからジュワッと滲み出る甘辛い出汁と酢飯の酸味が幸せなハーモニーを奏でる逸品です。
SIGNATURE2205

SIGNATURE 2022年5月号[雑誌・ムック]

2022年4月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の朝食」を担当しました。老舗喫茶のモーニングから、料亭が供する朝膳まで、わざわざ足を運びたくなる朝食の数々を紹介し、京都の歴史と食文化に触れる連載企画です。連載第4回で取り上げたのは、『ロリマー京都』。2018年にニューヨークから和食のお膝元・京都に〝逆輸入〞オープンした一軒です。意外な素材の組み合わせと味の掛け算、鮮やかな色彩など、海外で培われた感覚から生み出される新たな「京の和食」がありました。
DJ2204

Discover Japan 2022年4月号[雑誌・ムック]

2022年3月6日 株式会社ディスカバー・ジャパン刊 136頁(オールカラー)定価1100円+税
「サウナ」「発酵」「美食」「温泉」の4つをテーマに掲げ、この時期ならではの身体や心をととのえる春旅を特集。アリカでは「“発酵”と“食”でととのう滋賀旅」の取材・執筆を担当。奈良の「くるみの木」オーナーである石村由起子さんが、湖のスコーレ、冨田酒造、湖里庵など、滋賀の未来を担う「発酵と食の匠」たちの元を訪ねました。
SIGNATURE2204

SIGNATURE 2022年4月号[雑誌・ムック]

2022年3月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の朝食」を担当しました。老舗喫茶のモーニングから、料亭が供する朝膳まで、わざわざ足を運びたくなる朝食の数々を紹介し、京都の歴史と食文化に触れる連載企画です。連載第3回で取り上げたのは、“グルメホテル”『フォションホテル京都』の最上階、『レストラン グランカフェ フォション』。高級食料品店として人気を博してきたフォションならではの、パリと京都が融け合う朝食をご堪能あれ。
SIGNATURE2203

SIGNATURE 2022年3月号[雑誌・ムック]

2022年2月1日 三井住友トラストクラブ株式会社刊 90頁(オールカラー)
クレジットカード老舗、ダイナースクラブの月刊会員誌「SIGNATURE」。アリカは、コラム「京の朝食」を担当しました。老舗喫茶のモーニングから、料亭が供する朝膳まで、わざわざ足を運びたくなる朝食の数々を紹介し、京都の歴史と食文化に触れる連載企画です。連載第2回で取り上げたのは、料亭『和久傳』が2016年に開いた『丹』。京都らしい艶やかさと郊外の落ち着きが同居する早春の白川沿いで、ゆったりと楽しみたい朝食がありました。
1 / 1512345...10...最後 »
ページトップへ